TEAM
チーム紹介

第61代常任委員 委員長 あいさつ


この度第61代常任委員会委員長を就任させていただきます、応援団の渡邉知己です。私の常任委員会のポリシーとして2つのことがあります。

1つ目は応援団員としてこの業務に取り組むことです。応援団は体育会各部の試合に駆け付け応援を行っています。私は、そこで感じた選手の頑張りや努力を広報活動として学内外に伝えたい、また試合でより良いパフォーマンスが出来るようにと施設の改善プロジェクトや課外活動規程改定事業に取り組んでまいりました。また、諸事情により応援にいくことが出来ない部活動のこともこのような形で応援できるのでないかと考え取り組んでまいりました。委員長として今後も皆様のことをどこかで応援しております。

2つ目は学生自治の維持です。この上智大学体育会は学生が運営しています。学生が厚生施設時間の割り当てを行い、学生が広報活動を行い、学生が施設の改善や課外活動規程の内容に関して大学当局とやり取りを行っており、

体育会内の融和を図るために学生が新入生歓迎会などの行事を行っております。確かに学生自治のために至らない点が多くあるのは事実です。しかし、これがないと現在体育会各団体が享受している利益は失われてしまいます。故に皆様の協力を得ながら今後も体育会を維持していただくためにも、ご協力いただけたらと思っております。

最後に委員長になるにあたり、お世話になった方々、特に卒業される先輩方に深く感謝を述べたいと思います。皆様にかわいがっていただきましたおかげで、今日までこの業務に取り組むことが出来ました。皆様の後輩がより良い課外活動が行えるように尽力してまいりますので、温かい目で見守っていただきたく存じます。


上智大学体育会本部機能

・機能     
体育団体の代表として、学内外団体との交渉を行い体育会全体の発展を目指す。この実現を目指すため、委員長・副委員長4名の下に8部門が存在。体育会各部から選出された人員が各部門に配属され、それぞれの仕事間で連携を図れる仕組みとする。


・業務
基本的には、各部門が独立して業務を行う。月に1度のミーティングを行い、意見・業務を共有する。


上智大学体育会本部目標

活性

各部の実績向上のため練習環境の整備、及び各部の利害調整

団結

各部が他体育団体への理解・尊重を深めることとなるシステム・イベント作り

拡大

体育会の存在を学内外に周知させるとともに、企業との連携を行う


・役職
委員長:
体育会全団体に責任を負う。体育会として行う学内外団体との交渉、企画など活動すべてに最終決定権を持ち、責任を負う。主将会議の主催者。

副委員長:委員長の補佐。担当部門の管轄及び決定権を保持。委員長不在時には2名の合議により委員長と同じ権限・責任を負う。主務会議の主催者。

総務:体育会本部常任委員会の主務として業務を行う。

会計:体育会費の管理。年一回の総会にて収支報告を行う。

渉内:学内関係者と関連する業務を行う。

渉外:学外関係者との窓口となり、OB会や企業に関する業務を行う。

就活:学内における就職活動イベントの統括。

企画:体育会内のイベントの総括。部門長は上南戦実行委員長を兼任する。

厚生:学内練習施設の利用に関する振り分けの決定を行う。また、施設の改善に関する業務を行う。

広報:体育会内の広報として、学内外に情報を発信。掲示板、ホームページ、SNSの総括


2017年度体育会イベント

2月 リーダーズキャンプin長野県上田市

4月 フレッシュマンウィーク・OB総会

5月 体育会学生就活セミナー

6月 体育会新入生歓迎会

7月 上南戦・ソフィア会支援金贈呈式

12月 体育会総会